爪について知識を深めよう!

books-20167_1280

 

爪について知識を深めることにより、健康な爪への足掛かりにしよう!

 

スポンサードリンク

 

≪爪の役割≫

爪は手先や足先を保護するためにあります。
また、手の爪は、指先の先端まで骨が達していないため、
指先を固定する役割があります。
つまり、骨のない部分を爪が支えているということです。
支えがなくなれば、指先で何かを強く持ち上げることが難しくなります。
足の爪も同様に、
保護するため、安定して歩いたり走ったりするための役割があります。

rock-climbing-155134_1280

≪爪の伸びる速さ≫

通常人間の爪が伸びる速さは、
成人で1日約100ミクロン(0.1ミリ)といわれています。
乳幼児は、500ミクロンから800ミクロン程度で
成長期をこえ、成人すると次第に遅くなり、
70代高齢者で、また500ミクロンから800ミクロン程度の速さになるようです。
手の爪よりも足のつめのほうが厚くなりますが、
伸びるスピードは手の爪のほうが若干早くなります。
また、季節によっても早さが変わります。
冬場よりも夏場のほうが早く伸びるようです。

feet-195061_1280

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

return top