爪を噛む癖を直す方法

new_hand-70508_1280

 

この記事では、管理者の経験を元に爪を噛む癖を直す方法について説明します。

スポンサードリンク

 

≪子どもの爪を噛む癖の克服方法≫

子どもの場合は、愛情不足であったり、欲求を押し殺している場合があります。
辛いおもいをさせていないか?
子どもが欲求していることを禁止していないか?
子どもの欲求は非常に強いですので、
禁止されると強いストレスに感じる場合があります。

指しゃぶりの延長で安心感を求めている場合もありますが、

愛情を注ぐということを前提に、
見守るというスタンスでよいと思います。
爪を噛む行為を、厳しく叱る事はやめた方がよいでしょう。
無意識にやっている事を、叱られるのは酷く傷ついてしまいます。
爪を噛んでいるところを見かけたら、手遊び歌に誘ってみるなど
直接的に言うのではなく、
間接的にやめるよう仕向けることが大切です。
逆に爪を噛まなかった日には、大げさなほど褒めてあげてください。
それが愛情として子どもにも伝わるはずです。

 

≪大人の爪を噛む癖の克服方法≫

大人の場合は、ストレスをきっかけに習慣化してしまったパターン、
もしくはストレスを長期的に受け続けていることにより自傷してしまうパターンがあり、
なかなか治らない傾向にあります。
心療内科でカウンセリングを受けるという方法がありますが、まずは私が行った方法を試してみてください。
私が失敗した方法もありますが、
それぞれストレスのかかり具合や状況が違いますので試す価値があると思います。
気軽にできることをご紹介します。
・爪にマニキュアをつける。
・ネイルアートをする。
・マスクをする。
・ガムを噛む。(毎日起きているときはガムを噛む生活でしたが、私にとって効果絶大でした。)
・指サックをつける。
・絆創膏をつける。
・噛む指を減らしていく。(綺麗な爪は、噛むのが勿体ないと感じるようになります。)
・爪先をやすりなどで整える。(爪先がぼこぼこだと噛みたくなる衝動に駆られるのを防ぐことが出来ます。)

 

これらの防止策は、あくまでも爪を噛めないようにする措置です。
ストレスを消しさる方法ではありません。
現在抱えているストレスを解消すること、ストレスに強くなることが真の爪噛み克服法です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

return top