爪を噛む癖の原因

org_img_1

≪爪を噛む癖の原因、心理≫

爪を噛んでしまうのは自傷行為(自傷癖)であり、何らかの原因がなければ、起こり得ないのです。
この原因を突く詰めることが、克服への重要なカギだと考えられます。

スポンサードリンク

 

≪子どもの爪を噛む癖の原因≫

子どもの場合と大人の場合では原因が大きく違います。
思春期前の子どもは自然となくなる場合が多いですが、
思春期以降、大人になるまで続いている場合は、非常に治りにくくなってしまいます。
子どもの場合の大きな原因は、愛情不足であったり、
自分の欲求を押し殺してしまっている場合が多いようです。
指しゃぶりの延長の場合もあります。
仕事などで子どもと向き合う時間がなかったり、
子どもを塾などに通わせ、思いっきり遊ぶ時間がなかったりすると、
自分を傷つけることにより、
心の痛みを和らげようとするようになります。

 

 

≪大人の爪を噛む癖の原因≫

思春期後の大人の場合は、

子どもの時から治らず、習慣化しまっていることが多いです。

大人になってから、癖が始まるというのは、ごく少数派です。

イライラや不安、不満などストレスを抱えると無意識に手が口元に伸びてしまっていることが多いほか、
噛みたい衝動に勝てず噛んでしまうことが多いです。
子ども同様愛情への欲求の不足や、仕事のストレス、病気などの不安から自分を傷つけるようになってしまいます。

org_img_2

 

 

≪子ども、大人同様ストレスを抱えるとナゼ自傷してしまうのか?≫

それは、βエンドルフィンという脳内麻薬の効果が関係しています。
βエンドルフィンは怪我などをした際に分泌される脳内麻薬です。

 

org_img_1
自傷行為により精神的苦痛(ストレス)を身体的苦痛に置き換えることで、βエンドルフィンによる鎮痛作用を利用して精神的苦痛(ストレス)を解消しようとしているのです。
つまり、心の痛み(イライラ、不安、不満、愛情不足)を和らげるために、自傷癖(爪を噛むという行為)をするということです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

return top