ついに爪を噛む癖を克服!

michelangelo-71282_1280

サイト管理者である私は、小学校入る前から社会人になるまで爪を噛む癖を直すことができませんでした。

ここでは管理者がどのように克服したのかを赤裸々に告白します(笑)

 

スポンサードリンク

爪を噛む癖の原因はなんなのか?
爪を噛む癖の直し方は?
爪を噛むことによる影響は?

 

小さいころから、親に恥ずかしいからやめなさいと言われ続けていましたが、無意識に手が口元に伸びてしまっていて、

いつの間にか爪を噛んでしまっていました。

時には足の爪を噛みたくなったり、既に深爪状態の手を強引に噛もうとして指の皮まで噛んでいたりと、

当時の爪の状態は最悪だったと感じます。

人に見られると非常に恥ずかしいと感じていましたし、

衛生的にもよくないとわかっていましたが、

なかなか止めることができませんでした。

しかし、こんな私でもこの癖を直そうっと思った時がきました。

それは彼女との出会いでした。

本当に好きな人ができました。

そしてお付き合いをすることになったときに、

このコには絶対にこの指を見られたくないっと思いました。
そこで・・・

などなどを中心に調べることにしました。

一種の自傷行為だということに大きなショックを受けたのを記憶しています。

 

このサイトでは、その時調べた知識、実際に治した方法をシェアしたいと思います。

ネットではストレスが原因と書かれていることが多かったので、
ふとした瞬間、爪を噛んでいた時に、
自分がどんなことを考えていたかをメモすることにしました。
・忘年会の司会進行について考えていた時
・親とけんかした時
・どちらのゲームを購入するか迷っていた時
・仕事の考え事をしていた時
・性的な欲求がたまっていた時
・皮膚とくっついていない爪を見た時

 

など、
何かに迷い、イライラ、不安があるときに私はよく噛んでいるような気がしました。
この自分分析がのちの克服に大きく影響していると今では感じています。
無意識に噛んでしまっていることが多いので、
手袋をしてみたりしましたが、
仕事上、PCを使用するので常に手袋をしている事が出来なく、
うまくいきませんでした。
外した時に、爪噛みをしてしまったのです。
指に何かを施すのは仕事上出来ないと思ったので、
風邪予防などのマスクをすることにしました。
これも失敗でした。
マスクをすること自体がストレスに感じるタイプだったので、
マスクを外してでも爪噛みをしたい衝動にかられてしまいました。
次に、ガムを噛むことにしました。
これが思いのほか効果的で、
ガムを噛んでいる間は、爪を噛みたいと思わなくなったのです。
会社でも幸いガムを噛むことはOKでしたので、
四六時中ガムを噛み続けていました。
それと同時に、
ストレス解消目的で体操教室(アクロバット教室)に通うようにしました。
運動にはそれなりに自信がありましたので、
楽しくストレスを発散することができました。
それを続けているうちに爪が伸び、
伸びた爪は、
噛むのが勿体ない気がして、徐々に噛まないようになりました。
(最初は伸びた爪をあま噛みしてしまうこともありましたが…)

現在の私の爪です。

Exif_JPEG_PICTURE

長年深爪だったこともあり、
横長の爪になってしまいましたが、今では爪を噛む癖を克服することが出来ました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

return top